北九州銀行で確実に資産運用

北九州銀行と山口銀行

地方銀行は統廃合が多いですが、北九州銀行は特に変わった経緯で設立されています。山口銀行という地方銀行の店舗が一部分離して北九州銀行になったのです。山口銀行は山口県内の複数の金融機関が統合されて設立され、中国地方でも有数の規模を誇ります。北九州にも複数の支店を置き手広く営業していましたが、山口銀行を有する山口フィナンシャルグループの意向で、北九州エリアの支店を丸ごと分離して北九州銀行にしたのです。

山口フィナンシャルグループは傘下に第二地方銀行のもみじ銀行も含んでおり、全国でも上位に位置する地方金融グループです。とくに中国地方と九州地方を中心に地元密着型の営業活動をおこない、傘下の銀行をそれぞれの地域に根付いたブランド金融機関にするという目標を掲げています。山口フィナンシャルグループ全体が地域営業に徹することで、顧客はより親身なサービスを利用することができます。

設立の経緯もあって、北九州銀行は九州地方の地方銀行よりも、山口フィナンシャルグループとの連携が強い傾向にあります。たとえば山口銀行ともみじ銀行のATMは無料で使えますが、九州地方の地方銀行のATMを利用するには利用手数料がかかるのです。九州地方は地元の地方銀行同士でATMを相互開放する九州ATMネットワークという取り組みをおこない、取引の利便性を高めているため、北九州銀行は九州地方のなかではATMの利便性が低い傾向にあるのです。

しかし連携が強いからといって、北九州銀行と山口銀行あるいはもみじ銀行を一緒に使うのはオススメしません。なぜなら同じグループ内ということもあって提供する商品内容が似ているのです。金融機関を併用する利点は異なる特徴の金融サービスを使えるという点です。そのため酷似した預金口座を使っても、金利や振込手数料に差がないため併用の利点が大幅に減ってしまうのです。