静岡中央銀行の活用法を模索する

静岡中央銀行の金利上乗せサービス

静岡中央銀行は常時何かしらの金利上乗せサービスをおこなっています。金利上乗せサービスとは主に預金商品の店頭表示金利が高くなることで、それによる資産運用効果の上昇が期待できます。適用金利が僅かに違うだけでも受け取る利息が大幅に異なるため、金利上乗せサービスを重視する利用者は多いです。元々の店頭表示金利が高い金融機関を利用することで、金利上乗せサービスに頼らずに高金利での資産運用をおこなう人もいます。

静岡中央銀行で金利上乗せサービスが適用されるのは、ほぼ円定期預金です。注目はATM専用定期預金です。ATMから預入をする特殊なスーパー定期預金で、利用条件が緩い割に他の金利上乗せ定期預金よりも金利上乗せ分が多いのが特徴です。通常の定期預金は店舗窓口まで行って契約及び預入をしなければなりませんが、ATM専用定期預金は営業地域にたくさんあるATMから、振込などのついでに預金を預けることができて楽なのです。

静岡中央銀行では人気の高い定期預金に金利上乗せサービスが付与されている場合が多いですが、金利上乗せサービスには思わぬ落とし穴もあります。金利が上乗せされるのは初回満期日までなのです。初回満期日とは初回預入時に設定した満期日のことで、元金と利息が払い戻される日のことです。自動継続することで再び預入をおこなうこともできますが、初回満期日を迎えた時点で金利上乗せサービスは終了してしまい、初回満期日以降は金利が上乗せされていない通常の店頭表示金利が適用されます。

初回満期日に金利上乗せが終了してしまうのは、定期預金キャンペーンの特別金利でも同様です。定期預金キャンペーンとは期間限定で高金利の定期預金が提供されることで、退職金専用定期預金のように特定の運用プランに適した商品が多いです。しかし不定期開催なので、ボーナスなどまとまった資金が入ったタイミングで利用できるとは限りません。基本的には大口定期預金や貯蓄預金といった常時提供されている預金商品で運用することになるでしょう。