静岡中央銀行の活用法を模索する

静岡中央銀行の住宅諸費用ローン

住宅取得の際は、購入や建築以外にも費用がかかります。たとえば家具・家電の購入費用、車庫などの工事費用です。通常は自己資金を充てる人が多いですが、住宅取得を決めてから工事の必要性が発覚したり、住宅ローンの諸手数料が思った以上にかかって費用が膨れることは珍しくありません。用意した自己資金もあっという間に底をついてしまいます。そこで活躍するのが住宅諸費用ローンです。住宅取得に関する諸費用専用のローンで、静岡中央銀行の住宅ローンを申込むと利用することができます。

静岡中央銀行の住宅諸費用ローンは500万円まで借りることができます。そのため保証料や事務手数料など、住宅取得及び住宅ローン利用時に必要な費用一切を工面することができます。住宅ローンより条件や審査が緩く、手数料や保証料も安いため、ローンの利用に必要なコストもあまり気になりません。しかし適用金利タイプが変動金利一択なので、市場金利の変化に伴って大幅に利息が増える恐れがあります。一部繰上返済ができないため、市場金利が変わらないうちに繰上返済してしまうこともできません。返済計画を慎重に立てる必要があります。

住宅諸費用ローンは多くの金融機関で取扱っていますが、借りすぎに注意しなければいけません。なぜなら住宅ローンと併用して利用することが多いため、返済が苦しくなりやすいのです。多重債務となり返済が遅れた挙句ブラックリストに載ってしまうと、その後のローン利用に悪影響が出てしまいます。住宅諸費用ローンを利用する際は慎重に借入金額や借入期間を設定し、確実に返済できることを確認する必要があります。

住宅諸費用ローンではなく別のローン商品で、住宅関連の諸費用を調達することもできます。人気なのはカードローンです。カードローンは適用金利が高いものの、利用限度額以内なら契約中に何度でも借り入れることができ、追加で費用が必要になっても安心です。手数料や保証人も不必要で、ネット銀行などはネットからの申込みにも対応しています。