知っておくべき愛知信用金庫

愛知信用金庫の定期積金

定期積金は信用金庫特有の金融商品です。毎月決まった掛金を払い込み、満期日に給付契約金と給付補てん金を受け取るという内容で、給付契約金は預入総額、給付補てん金は利息に相当します。満期日にまとまった資金が手に入るため、住宅購入資金や結婚資金、子育て資金など決まった目的のため計画的に利用する場合が多いのですが、漠然と将来に備えて貯蓄するために利用することもできます。

愛知信用金庫の定期積金はスーパー積金と呼ばれ、月々1000円から簡単に積立を行えるのがメリットです。積立期間は1年から5年で、好きな期間を設定して無理のない範囲で積立を行うのが長続きのコツです。月々の掛金が1万円でも1年で12万円、5年で60万円も貯まります。月々の掛金が2万円だと1年で24万円、5年で120万円です。若いうちから利用していれば、ライフイベントごとに必要な資金の多くを工面することができます。

愛知信用金庫のスーパー積金は、集金訪問または口座振替によって掛金を払い込む仕組みになっています。集金訪問は毎月支払日になると、行員が個人顧客の自宅を訪問して掛金を集金する方法です。一見、口座振替のほうが手間がなさそうですが、集金訪問では行員が訪問した際に他の金融商品やキャンペーン情報の案内、資産運用などの相談、契約手続きの案内などを行うことができます。そのため店舗窓口に行く時間がない人や、外出が困難な人には集金訪問が最適です。

スーパー積金の掛金を口座振替で払い込む場合、普通預金口座の残高をよく管理する必要があります。というのも口座振替は普通預金口座から行うため、支払日に残高が不足していると口座振替が実行されず延滞扱いになってしまうからです。インターネットバンキングやATMでこまめに残高照会を行ったり、定期的に通帳記帳を行うことで、預金口座の残高をしっかり把握することができます。